西島悠也が教える福岡の美味しい地酒

西島悠也が語る福岡の地酒の魅力

 

 

 

酒飲みの人に「福岡といえば?」と聞けば、ほぼみんなが「夜の中洲」と答えるだろう。

 

 

中洲の夜は長い。

 

酒を飲み、酔っ払い、最後は屋台のラーメンで〆る。

 

そんな福岡ではやはり酒はなくてはならないものである。

 

 

九州といえばやはり焼酎のイメージがあるが、福岡には美味しい地酒が揃っているのである。

 

江戸時代の頃には、福岡に600軒以上の酒蔵があったと言われていて、何を隠そう酒造好適米としてしられる山田錦の産地として福岡は有名なのである。

 

 

あまりスポットが当たらない福岡の地酒だが、知れば知るほど奥が深いのである。